町家キャンパスをフィールドとした公共人材育成を通した地域間交流促進事業ーまちやこうえん計画

プロジェクトTOP

町家キャンパスをフィールドとした公共人材育成を通した地域間交流促進事業ーまちやこうえん計画

環境・地域・文化 町家キャンパスをフィールドとした公共人材育成を通した地域間交流促進事業ーまちやこうえん計画 学生と親子が遊休地を活用した共同プロジェクトを実施し、まちを元気にします。

龍谷大学深草町家キャンパス(以下、町家キャンパス)で、「食と農とコミュニティ形成」をテーマとしたイベントを実施し、地域住民・地域団体・学生など多世代間交流の促進や相互理解に努め、地域の課題解決や発掘の実現に向けて取組みます。

達成率

0

達成金額:
0
目標金額:
500,000

残り10222時間7

こんな社会を実現します!

少子高齢化や人口減少が急速に進展し、社会構造やライフスタイルの変化による地域コミュニティの衰退が懸念されています。
私たちは、食とそれを生み出す農について興味と理解を深めると同時に、それらを通した多世代間交流を促進し、地域の人々に新たな出会いやコミュニケーションの場を提供することで、活力ある地域を実現します。

プロジェクト概要

実施期間

2018年3月15日〜2019年3月31日

目標金額

500,000 円

寄付方法

・インターネットからのお申込。
 こちらをクリック
・郵便振替 京都地域創造基金寄付口座 00930-4-312262
      通信欄に「深草町家」と記入ください。
・銀行振込 京都信用金庫 本店 普通 3026045
 公益財団法人京都地域創造基金

事業の目的

町家キャンパスの裏庭にある畑を「まちやこうえん」と称し、そこでコミュニティファームを開催します。学生や地域住民、地域団体や企業など様々な人が集える場を創り、農作業や食に関するイベントなどを通して多世代交流を促進し、地域コミュニティの活性化を図ります。

事業の概要

学生や地域住民が恊働して畑を耕し、野菜の種植え〜収穫までの過程を体験することで、農業への理解・興味を深めるだけでなく、食の重要性を認識し、生命・自然・環境などを大切にする心を培います。

また、収穫した野菜を井戸やかまどを使って調理・実食することで、先人たちの暮らしの知恵や工夫を学び、また、人と一緒に食事をする共食の大切さなどを学ぶ機会を創ります。

多くの方の「食と農」についての共通理解を深め、参加者間の交流の場を提供し、更なる人的ネットワークの構築を促進します。

事業の対象・地域

京都市伏見区深草学区・砂川学区の地域住民・地域団体など

実施団体

特定非営利活動法人深草・龍谷町家コミュニティ

町家施設を地域と龍谷大学の学生・教職員との交流・連携を促進するプラットフォームとして位置づけ、地域と大学が、地域社会に貢献できる人材を育成して地域の課題を抽出し、地域の実情に即した解決策の実現に寄与するとともに築150年の町家施設の管理運営を通じて伝統的な京町家の保全と利活用の知見について国内外と交流することを目的とする。

最近のfacebookの投稿

活動状況

pagetop