「新万葉染めワークショップ」で地域コミュニティ活性化!

プロジェクトTOP

「新万葉染めワークショップ」で地域コミュニティ活性化!

環境・地域・文化 「新万葉染めワークショップ」で地域コミュニティ活性化! 新万葉染めワークショップからはじまる地域課題をともに取り組む関係づくり

角倉町自治会と京都難病支援パッショーネの協力による「新万葉染めワークショップ」を行うことで、老若男女幅広く、共通体験を通して楽しくコミュニケーションを図り、嵯峨学区自治連合会を含むコミュニケーションの場の創出と、難病や難病の支援、どんな人たちがいるのかなど、理解を深める。一緒にイベントを行うのがより深くお互いを知る事につながるとともに、そのなかであらためて地域の課題をともに考える機会をもち、今回できるつながりを活かした活動をつくっていくことを目指します。

達成率

15

達成金額:
36,462
目標金額:
250,000

残り188時間10

プロジェクト概要

実施期間

2016年12月1日〜2017年3月16日

目標金額

250,000 円

寄付方法

・インターネットからのお申込。
 http://www.plus-social.jp/donation.cgi?pjid=49
・郵便振替 京都地域創造基金寄付口座 00930-4-312262
      通信欄に「新万葉染め」と記入ください。
・銀行振込 京都信用金庫 本店 普通 2244502 公益財団法人京都地域創造基金

事業の背景

京都難病支援パッショーネが角倉町に事業所を構えて3年。
難病患者の就労を支援するということをテーマに掲げ活動を進め、テレビや新聞等のメディアに幾度か取り上げて頂き、SNS等WEBを通じて情報発信して難病就労関連の業界での知名度が少しずつではありますが、上がってきている手応えを感じているが、一番身近なご近所さんである角倉町自治会の皆さまとの交流ができていない現状がありました。

 今回、連携し地域課題を解決していく事業をする前に、あらためて、角倉町自治会と京都難病支援パッショーネが協力してイベントを行い、嵯峨学区自治連合会を含むコミュニケーションの場を持つことがまず必要と考えました。そして老若男女幅広く、共通体験を通して楽しくコミュニケーションを図り 地域課題の解決に取り組める連携関係づくりをしていきたいと考えています。

事業の目的

角倉町自治会と京都難病支援パッショーネの協力による「新万葉染めワークショップ」を行うことで、老若男女幅広く、共通体験を通して楽しくコミュニケーションを図り、嵯峨学区自治連合会を含むコミュニケーションの場の創出と、難病や難病の支援、どんな人たちがいるのかなど、理解を深める。一緒にイベントを行うのがより深くお互いを知る事につながるとともに、そのなかであらためて地域の課題をともに考える機会をもち、今回できるつながりを活かした活動をつくっていくことを目指します。

事業の内容

平成28年11月 角倉町自治会とNPO法人京都難病支援パッショーネとイベント開催の打合せ
(スケジュール、役割分担の確認等)
平成28年12月 役割分担等進捗状況確認(軌道修正の必要性確認)
平成29年 1月 寄付募集に関する進捗状況確認
平成29年 2月 イベント全般に関する進捗状況確認
平成29年 3月 寄付募集に関する進捗状況最終確認
平成29年 4月 新万葉染めワークショップイベント実施

実施主体

地域団体:(右京区)角倉町自治会
NPO法人:京都難病支援パッショーネ

寄付の使途

地域とのワークショップを行うための材料費、会場代、広報費などに活用させていただきます。

京都難病支援パッショーネ:最近のfacebook投稿

活動状況

pagetop