多世代交流イベント研究会inハピネスカフェ

プロジェクトTOP

多世代交流イベント研究会inハピネスカフェ

環境・地域・文化 多世代交流イベント研究会inハピネスカフェ 地域住民が気軽に集い、楽しみ合えるカフェイベントを!

単身高齢者による孤立、地域の後継者不足等を解消するため、NPO法人hapinessが運営する「ハピネスカフェ」での交流イベントを実施します。吉祥院老人クラブによる高齢者への声掛けはもとより、クラフトバンド教室やパソコン・モバイル教室等を通じて若年層の参加も促し、世代を超えた地域交流を目指します。

達成率

38

達成金額:
96,186
目標金額:
250,000

残り5021時間11

プロジェクト概要

実施期間

2019年10月16日〜2020年1月31日

目標金額

250,000 円

寄付方法

・インターネットからのお申込。
 http://www.plus-social.jp/donation.cgi?pjid=80
・郵便振替 京都地域創造基金寄付口座 00930-4-312262
      通信欄に「多世代交流・ハピネスカフェ」と記入ください。
・銀行振込 京都信用金庫 本店 普通 3064111 公益財団法人京都地域創造基金

事業の背景

ハピネスカフェはオープンしてから1年弱が経過し、近隣の高齢者の利用はありますが固定化されております。店舗周辺3学区内には2,735世帯(65歳から84歳・南区データより)の高齢者世帯があることからまだまだ開拓の余地があり、高齢者にも取り組みやすい内容の講座を考えました。

講座の内容を考えるために、吉祥院老人クラブの皆様の意見を伺ったところ、
・老×老活動の現実
・各地域における後継者不在問題
・楽しみをもつことで向上する生活の質
というお話しがありました。

もともとハピネスは子ども食堂から始まった活動であり、子どもやその保護者など様々な年代との接点があったこともあり、今回、高齢者の居場所づくりをする上で我々ハピネスが培ってきた繋がりを高齢者と結びつけることで、高齢者にとって楽しみをもっていただける機会の創出や、カフェを利用することにより地域の子どもたちへと還元される地域貢献性を高めていければと事業がはじまることになりました。

事業の目的

『関わる全ての人が幸せ(ハピネス)になること』を目標にしたhappinessと吉祥院老人クラブが協力し、高齢者の生活の向上を目指した定期的なプログラムと様々な年代との接点が持てる居場所づくりを行います。

事業の内容

地域からの意見をもとに大きく3つの取り組みを行います。
①エンディングノートの作成(全4回)参加費無料
 4回の連続講座により、エンディングノートの必要性の理解や実際の
 作成まで取り組む。

②クラフトバンド教室の開催(全12回)参加費300円
 子供から30〜40代女性にも人気のハンドメイド講座
 高齢者だけでなく様々な年代と交流できる機会

③パソコン・モバイル教室の開催(全10回・単発)参加費無料
 パワーポイントを使用した簡単なチラシ作り講座
 スマートフォンの地図アプリとラインアプリの活用講座 

寄付の使途

各プログラムの資材費・講師謝金・会場費 
取り組みを広げる広報費
1年間の取り組みをまとめる報告書作成費用などに活用させていただきます。

実施主体

地域団体:(南区)南区すこやかクラブ(吉祥院老人クラブ)
NPO法人:happiness

happinessの団体情報詳細

https://happiness.localinfo.jp

活動状況

2019.10.18

pagetop