自然豊かな本格的モンテッソーリ教育実践園の学校法人化プロジェクト

プロジェクトTOP

自然豊かな本格的モンテッソーリ教育実践園の学校法人化プロジェクト

子ども・教育 自然豊かな本格的モンテッソーリ教育実践園の学校法人化プロジェクト 自然豊かな本格的モンテッソーリ教育実践園の学校法人化プロジェクトにご協力を

私たち、深草こどもの家/京都モンテッソーリ教師養成コースは40年以上の教育実績が認められ、京都府から学校法人申請許可をいただきました。モンテッソーリ教育を軸に多種多様な人の中で調和を持って生き、自分で考えることのできるこどもたちを育てる保育施設と教師養成機関が評価され、教育分野においては特にその必要性が高まっています。これは実に数十年ぶりに京都市に学校法人を設立する機会となります。実現の絶対条件は新園舎建築。そのため資金募集を始めます。目標金額は2億円。

どうか学校法人化を一緒に実現する仲間になってくださいませんか?

達成率

1

達成金額:
2,671,100
目標金額:
200,000,000

残り2459時間38

プロジェクト概要

実施期間

2021年7月25日〜2022年3月31日

目標金額

200,000,000 円

寄付方法

寄付方法
いずれの方法も事前にお申し込みをよろしくお願いします。
(領収書の発行や、適切に皆様のご寄付を寄付先へお届けするために必要です。)
http://www.plus-social.jp/donation.cgi?pjid=112

・クレジットカードによる寄付は上記URLまたは以下の「このプロジェクトに支援する」から
お進みください。
・郵便振替 京都地域創造基金寄付口座 00930-4-312262
      通信欄に「深草こどもの家」と記入ください。

京都モンテッソーリ教師養成コース付属深草こどもの家とは

日本人で最初のモンテッソーリ教師となった赤羽惠子が設立した京都モンテッソーリ教師養成コース(1973年)と、本格的モンテッソーリ教育実践園「深草こどもの家」(1979年)は伏見区の自然が豊かに残る深草の地にあります。創立以来、全国の幼稚園・保育園から高い実践技術を支持され、現場の教師が集い理論と教育実習を通して学びを深め、これまでにモンテッソーリ教師資格取得者約1,800名と卒園生約900名を輩出してまいりました。
https://www.youtube.com/watch?v=nXQO37psUMM&t=4s

世界幸福度ランキング、こども幸福度ほぼ最下位の日本

ユニセフ2020によると、日本のこども幸福度は38ヵ国中37位。多くの人が日本の教育は転換期にきていると感じています。あれこれと指図されたり、価値観を押し付けられたり、大人が望むように動かされたり。そんな生活に子どもたちは辟易しています。

昨今、急速に変化する時代・社会の中で、変化に対応して生きることが求められますが、どのような時代、どのような社会であっても、自分の考えを持ち、自分らしく幸せに自分の人生を歩んでいける人に育ってほしいと願います。その為には受け身の生活ではなく、こどもには早くから自由と主体的な生活、良い環境を与える必要があります。

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育は、こどもは自ら育つ存在と捉え、よく準備し整えられた「良い環境」をこどもに与え、こどもが自ら動き、選び、自由な環境の中で活動していくことで、自分自身を、そして子ども社会全体を成長させていく、環境による教育法です。

モンテッソーリ教育を良いと感じる方はたくさんおられます。そしてすぐに実践したいと願うのです。しかし、モンテッソーリ教育を深く理解し、真に実践していくためには、しっかりとした養成を受け、実践していく中で、教師が自分自身を訓練していかなければなりません。

今から約60年前にドイツでモンテッソーリ教師資格を取得した赤羽惠子は、日本で普及活動をする中で、教具ばかりが注目されやすく、英才教育や早期教育かのように捉えられがちであった状況を脱するため、国際(AMI)、ドイツモンテッソーリ協会(DMV)の協力を受けて、日本の教師養成コース設立に尽力しました。そして理想の本格的モンテッソーリ教育実践のために、最後に設立したのが深草こどもの家(3歳~6歳児のためのモンテッソーリ教育実践園)です。

願いは学校法人化

深草こどもの家は認可外保育施設として運営してきたこの40年余りの間ずっと、こどもたちに「いちばん良い環境」を与えるために、そして富裕層に限らず「一般の家庭」の子どもたちが入園できるように、赤羽は私財をなげうって、スタッフは休みなく職務に当たることでどうにか維持・継続を図ってまいりました。この運営体制は決して持続可能な方法ではありません。

そんな中、長年の実績を京都府から認められ、学校法人申請許可を頂くことが出来ました。何十年も京都市で新しい幼稚園が出来ていない中、このようなチャンスを頂いたのです。

また、生物多様性に恵まれた深草大岩山の自然は、私たちが実践する「環境による教育」の中で最も尊く、大切にしていることの一つです。長年山頂の不法投棄に悩まされてきた大岩山。その玄関口に位置する深草こどもの家が学校法人となれば、今後ずっと環境の守り手の一員として貢献していくと確信しています。深草こどもの家の存続には学校法人化以外方法はありません。その学校法人化を実現するためには、幼稚園設置基準に則った新園舎を建築することが絶対条件です。

ぜひ、一緒に目標を実現する仲間になってくださいませんか?

2億円が必要な根拠と実現のメリット

園舎の建つ場所は、山の入り口で土地の傾斜がきつい場所であるため、大掛かりな擁壁(斜面の崩壊を防ぐためにコンクリートで固める等)工事が必要となり、開発費用がかさむ試算が出ています。(現在、土地開発の詳細調査中ですので目標金額が今後変更になる可能性もあります。)土地造成と新園舎建築は絶対に必要な要件ですので、資金集めが急務です。

学校法人が実現することで、以下のようなメリットがあります。
➡ 新園舎へ生まれ変わり、持続可能な体制が整備されます。
➡ 補助金や寄付といった財源が確保できるため、経営が安定します。
➡ 教師養成コース・こどもの家共に許容範囲を超えた申し込みが続いています。断らざるを得なかった受講生・こどもたちの受け入れを拡大できます。

深草こどもの家の財務状況

学校法人化前後の収入見込状況を公開します。

・ モンテッソーリ教師養成コースの受講生数が全国トップクラスである
・ 他園と競合しない立地で、今後も園児数が見込める

上記を根拠に毎年黒字で、かつ、補助金収入という新たな財源が確保できるため、経営安定化の見込みが立っています。

まずは話を聞いてください

ご希望の方にはオンラインで説明会を開催しますので、詳細は公式サイトをご覧ください。
https://fukakusakodomonoie.com/


「皆様と共に学校法人化を実現させたい」そんな思いから、ご寄付者様には上記のような特典をご用意いたしました。

・・・最後に
今回のプロジェクトは、創立以来最大規模のものであり、深草こどもの家の存続がかかっています。皆様と共に、必ず達成したい思いです。ぜひお力添えをお願いします。

youtube「深草こどもの家は学校法人設立を目指します。」

Facebook更新中!!いいねをお願いします!!

活動状況

pagetop