お知らせ

すべて

メディア掲載

京都新聞さまで累計寄付額4億円到達の記事をご紹介いただきました。2018.12.13

先日ご報告させていただきました、設立からの寄付総額が4億円を突破しましたことを京都新聞さまで取りあげていただきました。ありがとうございました。

これからも地域社会のなかで懸命に取り組むなかなか光が当たらない活動に寄付を届けてまいります。

(記事の詳細はこちらのリンク先をご参照ください。)
https://www.kyoto-np.co.jp/sightseeing/article/20181212000153

助成金情報

【助成金情報】城陽みどりのまちづくり基金2019年度実施事業2018.11.18

城陽みどりのまちづくり基金 2019年度実施事業の公募を開始しました。

【助成主旨】
 城陽みどりのまちづくり基金は2009年から、市民や企業からお預かりした寄付を、城陽市内で市民が主体になって「城陽のまちが豊かに続くための、みどりを取り入れた活動」に届けることで、豊かな地域社会の創造と発展を目指しています。
 本基金は地域が豊かに育つためには人と人の繋がりが欠かせないと考えています。人間関係が豊かになることで城陽のまちを思う気持ちが広がり、さらに次世代へと続き、将来に渡り豊かな城陽が続くと考えています。
 また人をつなぐ為に、みどりを取り入れることで、コミュニケーションがよりスムーズになると考えています。緑を通して新たな人の繋がりが生まれ、街に自然とコミュニティが生まれることを期待しています。

【助成対象事業】
下記の全ての条件を満たす事業(以下、「助成事業」という。)

(1)城陽市内で行なわれる、助成主旨に沿うもの
過去の助成例

1.公共施設に緑のカーテンを設置
 公共施設に植物で緑のカーテンを作り維持することで、緑化、温室効果ガスの排出削減に寄与した。また緑のカーテン作りを地域住民と公共施設が協力して行なうことで、参加者同士のコミュニケーションが図れた。

2.文化遺産の保全
 城陽市内にある歴史的建造物周辺に自生している植物を手入れすることで文化遺産の保全を行なった。保全にはボランティアの市民が参加し、参加者同士の交流が生まれた。また地域の宝として訪れる人が増え、憩いの場として、また地域の歴史を学ぶ場として活用されている。


(2)2019年4月1日から2020年3月31日までに実施されるもの

(3)下記のいずれにも該当しないもの
  ●既に完了しているもの
  ●営利を目的とするもの
  ●個人的な活動や趣味的なサークルなどのもの
  ●特定の宗教や政治を支援するもの
  ●他団体へ全てを委託するもの
  ●その他、「京都地域創造基金助成方針」に適さないもの

【助成金額】
助成総額:100万円(※)
1団体あたり助成上限額:50万円
※助成総額は今後の寄付の状況により変更することがあります。2018年12月末時点での寄付額をもとに決定し、1月中旬に当財団のホームページで公開します。
※採択件数は助成総額の範囲内で決定します。
※申請額は万円単位とします。

【申請書受付期間】
2018年12月1日(土)〜2019年2月28日(木) 17:00必着

要項ダウンロードはこちら

申請書ダウンロードはこちら

その他

【士業者向け】遺贈寄付に関する研修のご案内2018.9.18

 クライアントから「自分の遺産を寄付したいけど、どこかいい組織を知らないか?」と相談されたことはありませんか?今ご高齢の方の間では相続財産の寄付への関心が高まっています。その背景には政治不信、子どもの貧困や虐待など目を覆いたくなるような事件、毎年のように起こる天災があると言えるでしょう。
 そこで、士業者の皆様がクライアントからの遺贈寄付の相談に対応できるよう、遺贈寄付を実施するために認識しておくべき内容について研修を開催します。税理士向けの税務編、弁護士・司法書士向けの法務編の2つを開催します。
 税務編では、遺贈寄付で受けられる特例や、不動産など現物を寄付した場合の課税と特例を実例を交えてご紹介します。法務編では遺贈寄付を含んだ遺言書の作成と執行、また実務上の課題、また信託の活用方法についてお伝えします。
 クライアントの良い相続、終活に貢献できるよう、皆様のご参加をお待ちしております。

【遺贈寄付アドバイザー研修 税務編】
開催日:2018年11月13日(火)
時間:受付開始ー13:00 開会ー13:30 閉会ー17:00(法務編とは開始時刻、終了時刻が異なります。)
会場:CIVI北梅田研修センター 501号室(地図はこちら
   〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目7番18号 オーエックス梅田ビル新館5F
   JR「大阪」駅 御堂筋北口から徒歩5分
   地下鉄御堂筋線「梅田」駅 5番出口から徒歩3分、阪急「梅田」駅 茶屋町口から徒歩5分
定員:20名
参加費:2,000円
講師:江波千佳(江波千佳税理士事務所 代表)
事例報告:不動産寄付による地域の歴史文化保全の拠点づくり(公益財団法人東近江三方よし基金)
     被相続人の遺志を実現する寄付プランの設計(公益財団法人京都地域創造基金)
申込:こちらの申込フォーム(税務用)からお申し込みください。

ご質問はこちらにお寄せください。

【遺贈寄付アドバイザー研修 法務編】
開催日:2018年11月13日(火)
時間:受付開始ー12:30 開会ー13:00 閉会ー17:30(税務編とは開始時刻、終了時刻が異なります。)
会場:CIVI北梅田研修センター 502号室(地図はこちら
   〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目7番18号 オーエックス梅田ビル新館5F
   JR「大阪」駅 御堂筋北口から徒歩5分
   地下鉄御堂筋線「梅田」駅 5番出口から徒歩3分、阪急「梅田」駅 茶屋町口から徒歩5分
定員:20名
参加費:2,000円
講師:樽本哲(樽本法律事務所 代表弁護士)
   齋藤弘道(遺贈寄附推進機構株式会社 代表取締役)
事例報告:遺贈寄付による息の長い地域活動の支援(公益財団法人ひょうごコミュニティ財団)
申込:こちらの申込フォーム(法務用)からお申し込みください。

ご質問はこちらにお寄せください。

主催:全国コミュニティ財団協会
お問い合わせ先:公益財団法人京都地域創造基金
        電話:075-257-7883 FAX:075-257-7884
        メールアドレス:office@plus-social.jp
        ホームページ:https://www.plus-social.jp/

pagetop