人材不足や介護の高齢化で苦しむ障害福祉の現場をデジタル化で救う。
利用者の豊かな(住む・学ぶ・働く)環境を提供したい!

達成率

0

達成金額:
0
目標金額:
2,500,000

残り34119時間56

詳細をみる

高齢者は自分自身で日常生活の様々な活動を行い、自立して生活することが望ましいとされています。
また、高齢者は社会的なつながりや参加の機会を持つことが重要です。
高齢者福祉は、地域の活動やイベントへの参加支援、 趣味や教育の機会の提供などを通じて、高齢者が地域社会で活動し、人とのつながりを築けるよう支援をしていきます。

達成率

0

達成金額:
0
目標金額:
1,000,000

残り31119時間56

詳細をみる

現在は、補助金・助成金を頂いて運営していますが、基本的にそうしたものは3年間で終わります。
各企業や個人の寄付を通じて、ドレミ子ども食堂23の子どもたちの希望を実現します。

達成率

0

達成金額:
2,000
目標金額:
1,000,000

残り31119時間56

詳細をみる

浦嶋神社は、浦嶋太郎のモデルとなった浦嶋子を祀った京都府伊根町に鎮座されている神社です。
伊根地域における浦嶋伝説は、人口減少著しい伊根町にとっても貴重な観光資源でもあります。
しかし、前回の再建から約140年が経過し、長い年月の間、雨・風・雪によって傷みが大変激しく、そのうえ、台風による倒木で本殿に歪みが生じ、建物を維持することが困難となっています。

達成率

3

達成金額:
529,000
目標金額:
20,000,000

残り163519時間56

詳細をみる

個人や団体・施設に、使用していない車いすの提供を募り、私達ボランティアグループの強みである車いす点検整備の技術を活かして車いすを整備し、在日ウクライナ大使館の協力のもと、ウクライナで車いすを必要としている人達に送ります。
また、このプロジェクトを通じ、私達の活動をより広く知っていただき、地域で活用していただける機会や新たな仲間づくりの機会とすると共に、
車いすを必要とする世界中の人々が平穏な日常生活が送れる平和な社会を実現します。

※メディア掲載情報などは本ページ下部「活動状況」をご覧ください。

達成率

80

達成金額:
4,018,000
目標金額:
5,000,000

残り31119時間56

詳細をみる

夏休み明けに痩せて登校してくる生徒がいる──。
そんな先生の言葉をきっかけに始まったのが、「 こども支援プロジェクト」 です。
学校給食のない長期休暇中の食料支援として、就学援助受給世帯に食品を直接配送します。

達成率

19

達成金額:
750,735
目標金額:
4,000,000

残り31119時間56

詳細をみる

NPO法人子育ての森プロジェクトは、社会状況がどう変わろうと、子ども達が「子ども時代を豊かに過ごしていける」「子ども達が自信と誇りをもって生きていける」よう、自然・文化・人間関係の豊かな環境を保障していく活動を目指しています。
様々な課題を抱える現代だからこそ、次代を担う子ども達が、豊かな子ども時代を生きていけるよう、子ども達と活動を積み重ねながら、実践し、実現していき、発信していくことが、私たちの使命と考えています。

達成率

65

達成金額:
3,244,000
目標金額:
5,000,000

残り31119時間56

詳細をみる

京都地域創造基金は、地域の困りごとを解決するために皆様からの寄付を届けています。

京都地域創造基金への寄付金は、寄付金控除等の税制上の優遇措置の対象となります。

⇒詳しくはこちら

NEWS & TOPICS

新着活動実績

活動内容

もっとみる

  • 2024.4.3 活動内容

    【5/31〆】母なる川・保津川基金 2024年度実施事業 助成先募集

    【5/31〆】母なる川・保津川基金 2024年度実施事業 助成先募集

     この基金は、市民や企業からお預かりした寄付を、市民が主体になって取り組む「桂川流域(※)の地域のほっとけない課題を解決する活動」に届けることで、地域の課題解決と持続可能で豊かな地域社会の創造と発展をめざします。
     特に住民が関わることで桂川の環境、文化、安全等を保全、保護、また向上させ、桂川が歴史と美しさを引き継ぎ、後世に残る川になることに寄与する事業を支援します。
    ※ 桂川流域には源流及び支流を含みます。

  • 2024.4.3 活動内容

    【インタビュー】京都車いす点検ボランティア スイマルク

    【インタビュー】京都車いす点検ボランティア スイマルク

    スイマルクさんでは使用されなくなった車椅子の点検整備を行い、ロシアによるウクライナ侵攻で負傷し日常生活が困難な状況におかれた人々へ車椅子を提供されています。
    ボランティアで活動されている代表の谷口さんにお話を聞いてきました。

    ご寄付のお申し込みはこちら

  • 2024.1.4 活動内容

    【終了しました】【助成金情報・令和6年能登半島地震関連】災害ボランティア支援基金

    【終了しました】【助成金情報・令和6年能登半島地震関連】災害ボランティア支援基金

    【本助成プログラムは助成額が満額に達したため終了しました。】

     2024年1月1日に発生した能登半島地震への京都からの(または京都での)ボランティア活動にかかる経費を助成します。
     被災者の方へは緊急的な支援だけでなく生活再建の過程でも様々な支援が必要です。本基金ではそのような支援を行なうNPOやボランティアの京都府内での活動を資金面で支えます。

ご寄付の活かされ方

もっとみる

寄付者様の思い

もっとみる

新着プロジェクト

もっとみる

pagetop