八幡ルネッサンス運動

プロジェクトTOP

八幡ルネッサンス運動

環境・地域・文化 八幡ルネッサンス運動 八幡市の文化や歴史を知り、誇りの持てる健全な社会を

八幡市内の河川、道路、などの清掃活動をしながら、
自分たちの街の歴史、文化、自然に誇りを持ち、人材を育て地域の発展を目指します。

達成率

0

達成金額:
1,000
目標金額:
1,000,000

残り16010時間43

プロジェクト概要

実施期間

2023年7月20日〜2024年7月31日

目標金額

1,000,000 円

寄付方法

寄付の申し込みをこちらからお願いします。
http://www.plus-social.jp/donation.cgi?pjid=147
        ⬇︎
・クレジットカード
・郵便振替 京都地域創造基金寄付口座 00930-4-312262
      通信欄に「ルネッサンス」と記入ください。
・銀行振込 GMOあおぞらネット銀行 てんき支店 普通 9424623
      ザイ)キヨウトチイキソウゾウキキン ルネツサンス

※いずれの方法も必ず事前にお申し込みをよろしくお願いします。
(領収書の発行や、適切に皆様のご寄付を寄付先へお届けするために必要です。)

事業の概要

 
①八幡市内および大谷川の清掃

②文化サロンの開催を通して街づくりを推進

③他市町ボランティア団体と協同して木津川の清掃活動を実施

④3世代交流イベントの実施

⑤わいわい発送塾

⑥地域情報誌「きずな」の発行

活動経過

「22世紀八幡ルネッサンス運動」は、1998年に道路の清掃からスタートし、既に24年が経過しました。
地域社会の美化と活性化を目標に道路の清掃のみならず、大谷川や国指定の八角堂、国指定の重要文化財の伊佐家住宅などの清掃活動を行ってきました。

2013年には「特定非営利法人22世紀八幡ルネッサンス協会」を設立し、京都府には「道路、河川のボランティア愛護団体」として登録され、2015年には道路の美化、清掃に顕著な功績があった団体として「国土交通大臣表彰」を受賞しました。
さらに、2022年には伊藤代表が長年の功績により市長表彰を受けました。

このように、私たちは地域の暮らしをより豊かにするため様々な活動を展開しています。
「22世紀」という冠には、100年後の新しい街作りを見据えて活動する私達と市民の思いが込められています。

協会と歴史、文化との関わり

①市民文化サロンの実施(年間6回)

②現代巨匠絵画展(2016年)

③八幡時代劇まつりへの参加

④重要文化財「伊佐家」の清掃

⑤橋本「クスノキ」と共存を図る活動

⑥竹炭つくり(八幡は竹の産地)

会員の声

私達は八幡ルネッサンス運動をしています。街の清掃、草取り、土砂取りをしています。少しでも街をきれいにしようと皆頑張っています。
皆様もボランティアをしてみませんか。きれいな街を歩いていると気持ちがいいです。
きれいにするには、皆さんの協力が必要なのです。少しでも住みよい街にするのは、大人が子どもにお手本を見せてください。
八幡の街はきれいですね、と言われたら嬉しいと思います。うれしさを何倍にもしてみませんか。
皆さんの力を少しでも貸してください。お願いします。

今後の課題

①子どもたちに八幡市の環境について課題(道路清掃、大谷川のゴミの状況、川の水質など)があることを理解してもらい、学校等と連携を図りながら、環境への関心を呼び起こす。
こうした身近な環境問題が、自分の生活に密接に関係するだけでなく、実は世界的な環境問題につながっていることを理解してもらうよう活動を継続する。

②現在の会員の高齢化は避けられない問題で、子どもや若者の参加をいかに呼びかけて運動を継続させていくか、が大きな課題となっている。

③現在のNPO団体では、主に賛助金、文化サロンの参加料等で収入が安定していない。今後あらゆる機会をとおして民間会社、個人からの寄付金をお願いしていきたい。

④現在、「木津川流域クリーン大作戦」として淀川水系の河川敷、堤防など15カ所に分けて国、京都府、市町村、ボランティア団体が協力しながら清掃活動を実施しているが、さらに各団体とも協働・連携して様々な事業を展開していきたい。

活動状況

pagetop