お知らせ

すべて

活動報告

京都こどもファンドフォーラム2017を開催!ご来場をお待ちしています!2017.7.1

○このような方にオススメ
・京都こどもファンドに関心をお持ちの方
・民間の子育てに関わる市民団体の方
・それの活動を支える公益の担い手となる専門家の方

【イベント概要】
こどもたち、親たちが楽しく笑える社会をめざして
子どもやその家族がお互いに、
また社会と繋がり合える活動づくりを。

こどもと子育てに関わる市民の主体的な活動を支えるために、
市民からいただいた寄付を原資に始まった
京都子どもファンドは、今年で4回目を迎えました。

2017年度の助成団体が4団体決定したことを受け、
授与式及びトークセッションを行います。

4つの団体の向き合うこどもの課題は、多岐に渡ります。
でもテーマは1つ、「子育てを孤育てにしない」ということ。
そこをファンドは一緒に仕組みをつくるお手伝いをします。

「子どもたちが幸せあってこそ、地域の豊かで明るい未来を期待できる」
そのような地域社会を築くために、各々の立場で何ができるのか?
をそれぞれから報告を受け、考えていく機会です。

ぜひご参加ください。

京都子どもファンドフォーラム2017
〜子育てを孤育てにしない 助成団体トークセッション〜
 日時:8月4日 15時―17時
 会場:京都市子育て支援総合センター こどもみらい館 第1研修室
    (京都市中京区間之町通竹屋町下る楠町601-1)
http://www.kodomomirai.or.jp/    
 内容:1.京都こどもファンドの全体についての紹介
    2.2017年度授与式
    3.2017年度助成決定団体による子育ての今についてのトークセッション
     ・コドモト 【こどもとおでかけ】
     ・認定NPO法人アレルギーネットワーク京都
        ぴいちゃんネット 【アレルギー】
     ・京都NICU親と子の会 おへそクラブ 
      【NICU(新生児集中治療室)から始まる子育て】
     ・京大病院小児病棟 ボランティアグループ
        にこにこトマト 【小児ガン】
    4.交流会(名刺交換会)
                     
 定員:100名(先着順)
 参加費:無料


●同時開催●
 8月より公募が始まる
 <真如苑 子どもの生活支援基金>説明会を開催します。
 【日時】8月4日(金)14時〜(45分程度)
 本基金は、子どもの虐待防止、または生活困窮世帯の子どもを
 対象とした事業に助成します。
 また事業対象を地域や学校などの特定のコミュニティ、
 特定の状況の子どものコミュニティに限定する事業をします。

 【助成事業実施期間】2017年11月1日〜、1年又は2年
 【助成金額】助成総額 110万円、1件あたり最大50万円
       助成件数 3件程度

問い合わせ・申込先
公益財団法人 京都地域創造基金 事務局
メールアドレス:ofiice@plus-social.jp
電話番号:075-257-7883
※以下の内容を添えてお申込みください。
 ・団体名
 ・お名前
 ・役職
 ・ご連絡先(電話/FAX番号/E-メール)
 ・真如苑 子ども生活支援基金説明会への参加の有無
 E-mailで「京都こどもファンド授与式」までお申込ください。
 ※申込締切・・・8/3(木)

その他

事務所開所時間変更のお知らせ2017.5.10

当財団は明日2017年5月11日より事務所開所時間が9時ー17時に変更となります。
つきましては、お電話でのお問い合わせの場合は、上記お時間内にご連絡いただきますよう、何卒宜しくお願いいたします。

なお、事務所開所時間外でのお問い合わせにつきましては、
メール(office@plus-social.jp)かお問い合わせフォームからご連絡ください。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご容赦いただきます様よろしくお願い申し上げます。

活動報告

京都こどもファンドの助成先を決定しました。2017.3.28

こどもたち、親たちが楽しく笑える社会を目指して、こどもやその家族がお互いに、また社会と繋がり合える活動づくりを。
こどもたちの明るい未来を願うも、現実にはこどもや家族を取り巻く環境には様々な課題があります。
今こそ、孤立無縁のこどもや親たち、悲しさ・寂しさ・辛さを抱えているこどもたち、社会に助けを求めている家庭を
地域で支えることが必要です。
京都こどもファンドは、このような問題を解決すべく活動をしているこどもと子育てに関わる市民の主体的な活動を支えるため、
市民からいただいた寄付を原資に助成を行い支援しています。

【採択団体概要】

①団 体 名:コドモト
 事 業 名:こどもと楽しむ 未来へつながる 祇園祭
 助 成 額:35万円
 事業概要:祇園祭で、あかちゃん・子ども連れが安全かつ快適に楽しむために、授乳・おむつ替えができるスポット、
      休憩やトイレが借りられる場所の開設やマップの作成をします。

②団 体 名:認定NPO法人アレルギーネットワーク京都ぴいちゃんねっと
 事 業 名:F A N – Bridgeプロジェクト
      (Food Allergy Next Bridge)食物アレルギー次のステップへの架け橋プロジェクト
 助 成 額:30万円
 事業概要:食物アレルギーの子どもやその保護者の居場所づくりを実施します。
      当事者だけでなく、社会的理解の場として、地域の親子と食物アレルギーの子と保護者を繋げる役割を果たします。

③団 体 名:京都NICU親と子の会 おへそクラブ
 事 業 名:Nっこ育児、応援してるよ、一緒にあゆもう、プロジェクト⭐
 助 成 額:45万円
 事業概要:NICU出身児の育児に関する情報をニューズレターで発信し、NICU出身児の家族や
      支援者・施設のネットワークづくりをします。
      将来的に全国規模での連絡協議会を立ち上げるきっかけづくりとしたいと考えています。

④団 体 名:京大病院小児病棟ボランティアグループ にこにこトマト
 事 業 名:入院中の病児と付添親子の遊びの時間サポート
 助 成 額:50万円
 事業概要:長期入院中の子供に楽しい遊びの時間をほぼ毎日提供することで、親子のストレスを軽減したり、
      子どもに社会性を身につける支援をします。

【選考委員】
 ・志藤修史(大谷大学 文学部 社会学科 教授)
 ・岡本康志(サポート京田辺 代表)
 ・斎藤真緒(立命館大学 産業社会学部 准教授)
 ・吉田秀子(働きたいおんなたちのネットワーク 事務局長)

pagetop